居候先のおばさんにハメる!7話のあらすじとネタバレと感想を詳しく紹介

居候先のおばさんにハメる!というエロ漫画の7話のあらすじとネタバレと感想をお話ししていきます。

 

居候先のおばさんにハメる!フリーハンド魂さんの作品で、エロ漫画ランキングで連日上位にランクインされている人気のエロ漫画になります。

 

 

ドキドキの甘〜い一夜が明け、佐江子おばさんに怒られないか心配していた陽太。
しかしそんな心配は取り越し苦労の様子で、昨夜の出来事で、おばさんのエッチな心jに火をつけてしまった様子です。
そんな佐江子おばさんを自分の部屋に連れ込んでやりまくってやろうという彼。
今回はどんなエッチな姿を楽しませてくれるのでしょうか?

 

 

居候先のおばさんにハメる!を無料で読んでみたい方はこちら

 

▽   ▽   ▽

 

クリック!

 

→BookLive!コミック

 

画面内の検索窓に「 居候先のおばさんにハメる 」と漫画名を入力して検索して下さいね。

 

 

居候先のおばさんにハメる!6話の詳しいあらすじとネタバレと感想はこちら


居候先のおばさんにハメる!の7話のあらすじ

陽太の硬い勃起チンポで激しく犯してほしいと、夫は比べものにならない程に大きく元気で、自分を満足にさせてくれる巨根チンポを前にして、興奮を隠せないでいた佐江子。

 

強制フェラチオやパイズリで感じた、陽太の雄の味にすっかりと発情してしまい、この大きな巨根チンポで子宮を貫かれたいとする欲情を抑えきれず、かつて強気だった叔母さんの面影など無くなってしまい、発情した牝の匂いを醸し出し、陽太の巨根チンポを求めていました。

 

子宮が疼くのか、早く犯してほしいと待ちわびている彼女に、おねだりを要求してくる陽太。

 

こんなに恥ずかしのに、もう解っているのにと、意地悪な陽太の言葉に、羞恥心で顔を赤らめてしまう佐江子は、気恥ずかしくてそんな言葉を言えません。

 

でも無理矢理に犯ってしまえば犯罪で、このままでは強姦になってしまうからと、あくまでも彼女との同意でセックスをしたと、その証明が欲しいと訴えてくる陽太。

 

この巨根チンポが欲しいと、おねだりをする様に命令されてしまい、早く挿れてほしいと疼く子宮に我慢できず、甘えた様子で気恥ずかしくしながらも、可愛らしく挿入を懇願して、濡れた膣口を指で開き、陽太の硬い巨根チンポを欲しいと求めてしまう佐江子の言葉が呟かれます。

 

牝の発情が抑えきれず、もはやプライドよりも気持ち良いセックスがしたいと疼く彼女。

 

この欲望は、もう抑えられませんでした。


居候先のおばさんにハメる!の7話のネタバレを細かくお話ししていきます

犯してほしいと、陽太の巨根チンポに興奮を隠せない、牝の発情に酔っていた佐江子に迫る中、強気な叔母さんとは思えない様な程に、エッチな雰囲気を出している彼女に、陽太の性欲は昂り始めていました。

 

そんな子宮を疼かせていた牝の佐江子に、犯してほしいのかと訊ねてみると、恥ずかしのか解っているくせにと、気恥ずかしさにむくれてしまう等、いつもの彼女とは思えない、牝な反応に、陽太はおねだりをする様に迫っていきます。

 

強姦になってしまうと、同意の上でのセックスと、チンポが欲しいとおねだりをする様に言う陽太に、挿れてほしいと懇願し、濡れた膣を指でいじめられながら、おチンポを求めてしまう佐江子。

 

せがむのならと、もはや限界間近な程に、ビキビキと音をたてながら勃っていた陽太の巨根チンポが、涎を垂らして待ちわびている濡れた膣口に近づいていきます。

 

ゴムを付けて妊娠防止の為と、避妊を忘れずにチンポを子宮へと送り込んでいく陽太。

 

膣肉が裂けてしまう程の大きな巨根チンポの太さに、膣口は広がり始め、愛液が漏れだし、陽太のチンポを奥へと包み込んでしまいます。

 

久しぶりのおマンコの感触と、彼女の膣肉の締め付け具合に、名器だと感想を上げてしまう陽太に、佐江子は恥ずかしそうにしながらも、まんざらでも無い様子で、さらに深く咥え込んでいきます。

 

子宮へと届くゴム越しの亀頭を咥え込み、切なそうに精液を求めていく締め付け具合に、我慢できず特濃精液を噴き出してしまう陽太。

 

でも一回で満足できるほどに、彼の性欲は収まら無い様子。

 

そして初めての子宮の射精に快感が増していた佐江子。

 

二人の発情はもはや抑える事は出来ません!


居候先のおばさんにハメる!の7話の感想を紹介

犯してほしくて仕方がないと、牝の発情を抑えきれない佐江子叔母さんと種付けセックス開始となる陽太の巨根チンポが唸り出す今作。

 

発情した叔母さんの痴態に興奮を隠せない陽太が、子宮を疼かせておチンポをせがんでくる佐江子に挿入する事になると、ついに始まってしまうセックス回ですが、流石に妊娠はしてはいけないと、チャラ男のクセにそこはしっかりとしています。

 

でもゴム付けセックスでは満足できない様子の佐江子叔母さんは、ゴム無しのセックスを希望している様子と、発情した子宮の前では、孕みセックス回避は不可能な雰囲気と、終始発情した彼女の痴態に目が離せない内容となっています。

 

あれだけに強気だった叔母さんが、陽太のニートのチンポに負けてしまい、発情を抑えきれないまでに牝堕ちしてしまうと、膣肉が濡れてしまい、巨根チンポに痺れてよがり、子宮を疼かせて種付けをせがむと、すっかりと陽太の巨根チンポに陥落してしまった佐江子叔母さん。

 

夫よりも逞しすぎるチンポによがり、子宮へと噴き込まれていく精液。

 

でもコンドーム越しの射精では妊娠など出来ず、満たされない彼女は、種付けを求めてしまうと、もう、夫の子どもではなく、ニートの甥っ子の子どもを孕みたいと、牝の発情を抑えきれない彼女のアヘ堕ちが注目できる発情回となっています!

 

 

居候先のおばさんにハメる!の無料試し読みはこちら

 

▽   ▽   ▽

 

クリック!

 

→BookLive!コミック

 

画面内の検索窓に「 居候先のおばさんにハメる 」と漫画名を入力して検索して下さいね。

 

 

居候先のおばさんにハメる!8話のあらすじとネタバレと感想を全部お話ししていきますはこちら

 

 

こちらのページで居候先のおばさんにハメる!を無料で読むやり方を詳しく紹介しています。
居候先のおばさんにハメる!の無料試し読みとネタバレはこちら