居候先のおばさんにハメる!1話のあらすじとネタバレと感想

こちらのページでは、フリーハンド魂先生の人気エロ漫画、居候先のおばさんにハメる!の1話のあらすじ、ネタバレ、感想について紹介していきます。

 

家で小言を言われるのが嫌で、親戚のおじさんの家に居候させてもらっている主人公の陽太。

 

しかし居候先でもおばさんから、「バイトでもしたら〜♪」と嫌味を言われる始末。

 

ところがこのおばさんが、歳の割にムチムチしていて、陽太の性欲を刺激する事に……

 

何とかして居候先のおばさんに一発ハメたい陽太。

 

しかしそんなふしだらな願いが叶う事態に!

 

 

居候先のおばさんにハメる!を無料で読めるページはこちら

 

▽   ▽   ▽

 

クリック!

 

→BookLive!コミック

 

画面内の検索窓に「 居候先のおばさんにハメる 」と漫画名を入力して検索して下さいね。

 

 

こちらのページで居候先のおばさんにハメる!を無料で読むやり方を詳しく紹介しています。
居候先のおばさんにハメる!の無料試し読みとネタバレはこちら


居候先のおばさんにハメる!1話のあらすじ

今年で21歳になるにも関わらず、まったく働く気などさらさらなく、ニート生活を続けていた陽太……

 

でも田舎の実家暮らしでは、親に就職を急かされ、このままではきつい肉体労働の農作業を継がされると思い、都会へと就職すると故郷を後に、逃げる様に伯父の自宅へと寄生する事に成功した陽太でしたが、都会でもやっている事は変わらずのニート生活。

 

そんな自堕落な生活を続けていれば、当然に飛ぶのが同居人の罵声。

 

佐江子おばさんに怒鳴られてしまい、いつ就職するのかとせっつかれ、明日から頑張ろうかと、気まずそうに一応に答えながらも、頑張る気などさらさらに無い陽太は、愛想笑いをして誤魔化します。

 

彼女は伯父の妻。

 

昔気質の気の強い性格をしており、働かさるものは食うべからずと、そんな小うるさい事を言ってのけてしまう、昭和の女。

 

陽太を見て、昼間から暇を持て余す彼に説教を始めてしまう彼女をじっと見てしまう陽太の視線の先は、揺れている厚く乳肉の詰まった爆乳でした。

 

腰も細くしなやかに引き締まっており、お尻に至っては、美尻と言っていい程のムッチリな尻肉に包まれ、37歳になるも、エロすぎる熟女の身体に、ムラムラと欲情を抑え切れない陽太。

 

そんなあからさまな視線に気づいている様子の佐江子は、性欲だけはと思いながら、呆れてしまいます……


居候先のおばさんにハメる!1話のネタバレ

座右の銘は「働いたら負けかな!」「明日から頑張ろう!」を人生の題目に掲げている陽太は、今日も引きこもりのニート生活の一日を迎えます。

 

20歳を過ぎて21歳になるも、働く気などさらさら沸かず、でも実家暮らしをしていたら、親に早く就職しろとせがまれてしまい、田舎から都会へと就職する為にと方便を付き、伯父の自宅へと居候に成功した陽太。

 

でも都会に来てもそうそうに仕事が見つかるわけでもなく、ゴロゴロとズルズルとニートの生活を続けていれば、同然に同居人から催促が飛んでしまうもの……

 

コラ、陽太と怒鳴られてしまう彼。

 

叱ってきたのは佐江子おばさん。

 

伯父の嫁さんで、勝ち気で男勝りな性格をした、声の大きな彼女に、昼間からだらしが無いと叱られ、就職活動はどうしたと言われてしまう始末。

 

今日は調子が悪くて、明日から頑張ると建前で言うも、呆れた様子の叔母さんは、もっとやる気を出せと叱責してきます。

 

やる気ならあると、下半身に這える自慢の巨根チンポは元気で、エッチな身体をしている叔母さんを見て、ムラムラと性欲を抑えきれない陽太。

 

そう、叔母さんはあまりにもエロかったのです。

 

ヘタなAV女優よりも、爆乳過ぎるおっぱいを揺らし、ムチムチなズボンを引き裂きそうな肉付きの美尻に、とても37歳とは思えないエッチな身体をしていた彼女。

 

そんな陽太のスケベ心を見抜いてか、買い物に行ってくれたなら、お駄賃で触らせてあげると誘惑する佐江子の甘い言葉に、二つ返事で引き受けてしまう彼。

 

今日も上手くこき使われていました。


居候先のおばさんにハメる!1話の感想

人妻の寝取られセックスなどで有名な、フリーハンド魂先生が描く、勃起不全の種なしインポの夫のせいで、すっかりと欲求不満になってしまったエロすぎる身体の人妻が、ニートのチャラ男に種付けられてボテ腹にされ、ぐつぐつの特濃精液で強制着床中毒にされてしまうと、秀逸な寝取られ展開の今作。

 

働く事に向いていないと、ニートな生活を続け、田舎から都会へと逃げのび、そこでもニート生活を続けると、寄生虫男子なチャラ男こと陽太。

 

そんな彼の叔母になる佐江子は、当然に彼を甘やかさずに、働けと叱責するも、まるで働く様子の無い陽太は、明日から頑張ると言い訳をして誤魔化すと、真正のニート。

 

彼が出来る得意分野と言えば、チンポを硬くするだけと、なんの取り柄も無いお荷物なのですが、そんなスケベは人並み以上の彼を上手く扱い、お使いをさせる為に、爆乳を触らせる事を条件に彼を扱うと、佐江子叔母さんもそれなりに計算高いです。

 

ムッチリな身体つきと、細い身体に持て余し気味な爆乳に、締め付け具合最高の美尻と膣肉と、37歳の人妻の熟した、そんなエロすぎる佐江子叔母さん。

 

欲求不満な陽太は、おっぱいのおさわりでは我慢できず、彼女と生エッチしたいとせがみ、おねだりをするのですが、生エッチはさせないとあしらわれ、一人寂しくおチンポを硬くしながらオナニーを始めてしまうと、どうしようもないニートな彼。

 

はたして念願の初エッチが出来るのかと、陽太と叔母さんの関係に注目が行く内容となっています。

 

 

 

居候先のおばさんにハメる!の無料試し読みはこちら

 

▽   ▽   ▽

 

クリック!

 

→BookLive!コミック

 

画面内の検索窓に「 居候先のおばさんにハメる 」と漫画名を入力して検索して下さいね。

 

 

 

居候先のおばさんにハメる!2話のあらすじとネタバレと感想を詳しく解説はこちら